仙台上空の白い未確認飛行物体はUFO?写真や動画・観測用気球の可能性も!

 

2020年6月17日にAM4時頃に宮城県仙台市上空に「謎の白い物体」があらわれたと話題になっています。

一見気球や風船のように思えましたが、この正体はなんだったんでしょうか?

どこかの国でスパイ活動しているのではと心配されている方もみかけしたので、この白い物体が何なのか考えていきたいと思います。

 

そこで今回この記事では「仙台上空の未確認飛行物体の正体は?白い物体は無人偵察機かUFOか調査!」と題して謎の白い物体の情報をまとめていきます。

 

ではさっそく、「仙台上空にあらわれた未確認飛行物体」を確認していきましょう!

仙台上空の白い未確認飛行物体はUFO?写真や動画・観測用気球の可能性も!

 

 

仙台上空の白い未確認飛行物体の写真や画像は?

 

2020年6月17日AM4時ごろ仙台や福島の上空に未確認飛行物体が多くの人が目撃して話題になっている画像がこれ!

 

朝方の4時頃から同じ場所に留まっていて、気象台「全くもって不明」とコメントを出しています。

この白い物体が何かわからないって本当に「未確認飛行物体(UFO)」なのか!

 

 

それにしても長時間動いてないって変ですね。

「この謎の白い物体」UFOではなくて、観測用の気球じゃないかという意見がかなり多いんです!

 

 

仙台上空の白い物体はUFOではなく観測用気球?

 

 

超望遠のカメラで撮った写真!すばらしいです。

やっぱり気球のようにみえますね。アンテナっぽいものも確認できます。

観測気球は気象庁は飛ばしていない可能性が高く、仙台のテレビでもこの白い物体が話題になっています。

 

 

 

観測用の気球の動画がありました。

この動画をみている、観測用の気球はもっと風の影響をうけそうですね。

下にぶら下がっている物が違います

今回の白い物体とは形が違い、観測気球ではなさそうです!

 

「UAVという無人航空機」ではないかという意見もあります。

この画像は南極昭和基地において、高度9000m付近までエアロゾル観測に使ったUAVです。

 

 

誰(個人)かがUAV(無人航空機)を飛ばしたという可能性もありますね!

無人航空機はドローンのようなものです。

 

 

この白い物体はUFOでななさそうですね。

なにかの観測用または実験用で飛ばしている気球でしょう!

 

 

コメント